放射線治療の基礎

~備忘録(効果、期間、副作用など)~

2019-09-29から1日間の記事一覧

参考資料

耐容線量 1991年にEmamiらが部分耐容線量の概念を提唱し、それを照射体積との関連で示したデータは現在においても有用であり、現在でも用いられている。 しかし、臨床データは積み重ねられており、これだけで耐容線量を考えている人はもはやいない。 2010年…