放射線治療の故郷

~備忘録!日常の診療でフッと思った疑問の解消に~

トピックス

転移に重要ながん細胞の形態変化に関わる因子を発見

現在、がんは日本人の死亡原因の第1位であり、約30%を占めている。 早期診断ならびに治療法の進歩により、がんが原発巣に限局する時の治癒率は高くなってきたものの、がん細胞の他臓器への転移は完治への大きな妨げとなっている。 そのため、がん制圧のため…

脳梗塞急性期治療で生じる再灌流障害の画期的な予防法の開発~新規酸化ストレス応答性アポトーシス誘導因子ORAIPに対する抗体療法~

順天堂大学大学院医学研究科乳酸菌生体機能研究講座の世古義規客員教授、奥村康特任教授、研究基盤センター生体分子研究室の藤村務客員准教授、村山季美枝客員准教授と、 横浜市立大学大学院医学研究科 脳神経外科学教室の岸本真雄(大学院生)、末永 潤講師…

ロメライシンは中外製薬とライセンス契約を締結し、全世界で導出を達成

テロメライシン (1) 概要 テロメライシンは、テロメラーゼ活性の高いがん細胞で特異的に増殖し、がん細胞を破壊する遺伝子改変型アデノウイルスのことで、腫瘍溶解性ウイルス製剤の一種である。 テロメライシンの特徴は、正常細胞にもがん細胞にも感染するが…

竹中工務店の放射線遮蔽ボード「RadBoard-X」が医療施設に初採用

竹中工務店と吉野石膏が2018年に共同開発した放射線遮蔽ボード「RadBoard-X」が、山形大学医学部東日本重粒子センターのCTシミュレーション室に初採用された。 「RadBoard-X」は従来の遮蔽ボードに比べ、主にγ線、X線に対して優れた遮蔽性能を発揮する内装…

Taking Baby Aspirin Improves Overall Survival for Patients With Head & Neck, Lung Cancer

BUFFALO, N.Y. — What if a drug that sits in nearly everyone’s medicine cabinet could help extend the lives of some cancer patients? In companion presentations at the American Society for Therapeutic Radiation Oncology (ASTRO) Annual Meetin…

「ストライプ照射」だと放射線の影響は軽減される~放射線の当たり方が一様でない場合、従来の単純な予測は当てはまらない~

公立大学法人横浜市立大学の小川毅彦教授、国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構(以下、「量研」)量子生命科学領域の神長輝一博士研究員、横谷明徳量子細胞システム研究グループリーダーおよび英国Queen’s University Belfastの福永久典博士課程大学院…

富士フイルム、横河医療ソリューションズを買収、医療IT事業を拡大 〜富士フイルム医療ソリューションズ株式会社として新たにスタート〜

富士フイルム(株)は、放射線科向け医療用ITシステムメーカーの横河医療ソリューションズ(株)(以下 横河医療)の全株式を、横河電機(株)より取得した。 これにより、横川医療、富士フイルムの100%子会社「富士フイルム医療ソリューションズ株式会社」…

日本放射線腫瘍学会(JASTRO)がプレスカンファレンスを開催(2019.09.25)

日本放射線腫瘍学会(JASTRO)はフクラシア八重洲にて(2019年9月25日)、2019年11月21日(木)〜23日(土)に名古屋国際会議場(愛知県名古屋市)にて開かれる日本放射線腫瘍学会第32回学術大会に先立ち、学術大会のハイライトとJASTROの活動を紹介するプレ…

前立腺摘除術後の放射線治療は経過観察+PSA再発後の救済放射線治療に比べ有用性を示さず

根治的前立腺摘除術のあとの術後放射線治療は、経過観察しPSA再発時に救済放射線治療を行う場合に比べて、有用性が示されない可能性が、放射線治療のタイミングを検討したランダム化比較対照試験RADICALS-RTで明らかになった。 術後放射線治療では泌尿器や消…

照射線治療用の組織障害を抑制する吸収性組織スペーサー発売

アルフレッサ ファーマは、放射線治療用吸収性組織スペーサー「ネスキープ」を発売すると発表した。 癌に対する放射線治療の際、照射する線源の1つとして粒子線がある。粒子線はX線による放射線治療と比べて高線量投与が可能で、より高い治療が得られると期…

可変型の放射線遮蔽材の開発に世界で初めて成功 環境・患者様へ優しい放射線治療へ

近畿大学医学部 放射線医学教室(放射線腫瘍学部門)准教授 門前⼀を中心とした研究チームは、早川ゴム株式会社の協力を得て、加温(60度程度のお湯)することで柔らかくなり、常温では型が維持できる放射線遮蔽材「シーラー Soft Tungsten Rubber(以下、ST…

オンコリスがテロメライシンの放射線併用食道がんフェーズ1企業治験完了

オンコリスバイオファーマは、同社が主導し食道がんを対象に進めていた、がんのウイルス療法テロメライシン(OBP-301)と放射線治療を併用したフェーズ1企業治験で、すべての患者への投与と効果安全性評価委員会(DSMB)による安全性の評価が完了したと発表…